簿記資格の効果とは

簿記資格の取得を目指すみなさん、はじめまして。

突然ですが、みなさんが簿記資格の取得を目指した理由はなんでしょうか。
多分、学生の方なら就職を、また、社会人の方ならキャリアアップや転職を有利に進めるためということではないでしょうか。

しかし、同じ簿記の資格でも、取得する資格の種類や級を間違っていれば、期待する効果を得ることは出来ません。その目的を達するうえで効果的な資格及び級への受験が必要となることを理解する必要があるのです。

就・転職に機能するのは日商2級

現在、日本には全経、全商、日商という3つの簿記資格が存在しています。しかし、もっとも社会的な評価が高い試験は日本商工会議所が主催する日商であり、その他の資格よりもステータスは頭ひとつ抜き出ています。

また、日商簿記検定試験には1~4級が存在していますが、みなさんが取得を目指すべき級は2級です。というのも、4級は簿記の入り口、3級は簿記の基礎的知識を問われる試験であり、就職や転職を有利に進めるための武器になるかと言えば、その効力には疑問が残るところです。

一般的な企業がその能力を認めるのは、日商簿記検定試験2級(以下:日商2級)から。この資格を履歴書の資格覧に記入してはじめて、企業サイドが「経理の知識がある人」として認識し評価してくれるのです。

例えば、新卒の学生の方が日商2級を取得していた場合、就職試験における評価はずば抜けて高くなることは間違いありません。対して転職の場合は、日商2級以上に評価の対象となるのが経理業務の経験です。

極端な話、日商2級を取得した未経験者と資格未取得の経理経験者では、経験者の方が高評価を得る可能性が高くなります。もちろん、経験者が日商2級資格を取得すれば、もはやそれは〝鬼に金棒〟といって良いでしょう。

しかし、年齢が20代と若い場合なら経験よりも日商2級資格を取得した、その意欲を評価してくれることは大いに期待出来ます。未経験者であれ、日商2級の簿記資格を取得することは、それだけの効果があるのです。

次のページ >>