試験概要と出題内容

ここで、日商簿記検定試験の概要と出題内容を見てみましょう。もちろん、下記に紹介するのは、みなさん自身が受験する試験です。その概要と出題内容をしっかりと把握してください。

日商簿記検定試験概要

  • 受験資格
    年齢、性別、学歴に関係なく誰でも受験することが可能
  • 試験日程
    年三回実施/2月の第4日曜日、6月の第2日曜日(1級試験は実施なし)11月の第3日曜日
  • 実施場所
    全国の大学や高校など指定会場で実施
  • 受験料
    2級 4,720円、3級 2,850円
  • 申込方法
    全国の商工会議所及び「商工会議所の試験」サイトでの受付
  • 試験科目等

受験級

試験科目

試験時間

合格基準

2級

商業簿記・工業簿記

120分

各70点 ※科目合格無し

3級

商業簿記

120分

70点

日商簿記検定2級の出題内容

第1問:[商業簿記]/仕訳問題
第2問:[商業簿記]/伝票会計もしくは帳簿組織関連
第3問:[商業簿記]/決算整理(精算表作成)または本支店会計関連
第4問:[工業簿記]/主に工業簿記(費目別原価計算)
第5問:[工業簿記]/主に原価計算(総合原価計算や標準原価計算関連)

日商2級に捨て科目は存在しない

ターゲットはあくまで2級のため、基礎である3級の出題内容は割愛しますが、内容としては上記1、2問の基本問題として捉えておいて問題ありません。

さて、問題は配点は各問20点の合計100点となり、合格として認められるのは70点以上の得点となります。

また、商業簿記と工業簿記単独の科目合格は認められず、全体で70点以上の得点が合格となります。つまり、出題される比率が4割の工業簿記を捨て科目として無視することは出来ないため、商業簿記と工業簿記をバランス良く学習する必要があるのです。

次のページ >>