修得必須の基本ルール

簿記には勘定科目仕訳、そして、貸借対照表(B/S)損益計算書(P/L)といった、専門用語や専門書類が存在します。そして、それら用語や書類は基本ルールにのっとって使用され制作されています。

この基本ルールを理解しない限り、4級であれ100%合格することは不可能です。これは確実にそう言い切れます。基本ルールはそれだけ重要であり、また、簿記という会計技術の根幹を成すものです。下記に紹介する基本ルールの修得なくして、簿記試験の合格はあり得ないのです。

簿記の基本ルール

その一:経理書類を構成するのは5つの勘定が基本
簿記を構成する5つの基本要素を「勘定」といい、勘定には資産、負債、資本、収益、費用となります。なお、これら5つの勘定に所属する科目は「勘定科目」とされ、代表的な勘定科目には下記のようなものがあります。

<勘定科目>
●資産:現金、受取手形、売掛金、建物、車両、備品、有価証券など
●負債:買掛金、支払手形、借入金、商品券、未払金、未払利息など
●資本:資本金(3級で出てくるのは資本金のみ)
●収益:売上、受取家賃、受取配当金、受取利息、雑益など
●費用:仕入、発送費、消耗品費、通信費、租税公課、保険、家賃など

その二:勘定の増減は左右への配置で表現する
ある商品を販売し現金を得た場合、商品は減り現金は増えるなど、各勘定科目は行われる商行為により増減します。この勘定科目の動きを帳簿の左右に記載することを「仕訳」といい、勘定により帳簿への記載位置が異なります。なお、帳簿の左側を「貸方」(かしかた)といい、右側を「借方」(かりかた)といいます。その配置を下記に紹介します。

<勘定の配置規則>

 

左側(貸方)

右側(借方)

資 産

増 加

減 少

負 債

減 少

増 加

資 本

減 少

増 加

収 益

減 少

増 加

費 用

増 加

減 少

上記の見方としては、資産が増加した場合は貸方(左)に、減少した場合は貸方(右)へと記載されるということです。

なお、間違いやすいのは資産と資本で、お互いの勘定の動きは逆となります。このように、5つの勘定が増加と減収で貸方と借方のどちらに配置されるのか。また、各勘定科目はどの勘定グループに属するのかを学習の初期段間で、しっかりと理解することが重要となります。

次のページ >>